上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リア・ディゾン!

キワドイ。。。

ポロリっと!

リアディゾン。


なかなかの巨乳でw
スポンサーサイト
これ、めちゃ笑いましたw

バレバレやっちゅうねん!


後藤真希アイコラ
 ↓ ↓ ↓

アイコラじゃんw

笑えたでしょ?w

また、おもろぃのあったらアップします♪
MEGUMI・・・。

これは・・・。

よ~く、見てください!

超巨乳っす!

そして、なにか見えてる?

↓ ↓ ↓

これは!レアっすよ。見逃すな
山本梓やまもと あずさ

千葉県船橋市習志野台出身。
血液型はA型。

身長157 cm /体重 不明 kg

スリーサイズ: 82 - 55 - 83 cm
靴のサイズ: 23.5 cm

専修大学松戸高等学校卒。

番組で「偏差値68の高校に行っていた」と言うことがある。

出身中学は船橋市立習志野台中学校。
トミーズアーティストカンパニー所属。 

趣味はクラシックバレエ。バレエ歴18年、ピアノ歴16年。
お笑いタレントの明石家さんまの親戚にあたる(本人談)。
好きなお笑い芸人はロバート。
阪神タイガースのファン。一家全員もファンで

父は「結婚相手は、阪神ファンしか認めない」と言うほど。

2007年3月5日にオープン戦の対・楽天戦(倉敷)で

熊田曜子と共に始球式を務めた。


1997年、第7回全日本国民的美少女コンテストに応募するも予選落ち。

「日経エンタテインメント!」1997年10月号の特集

「オーディション最前線」には、

氏名入りで母親と一緒に写った写真が掲載されている。

雑誌「Cawaii!」の読者モデルを務めた事をきっかけに芸能界に入る。

2002年、三愛水着イメージガール。

同年スーパー戦隊シリーズ『忍風戦隊ハリケンジャー』に

フラビージョ役でレギュラー出演を果たし、話題となる。

『ひらめ筋GOLD』で作られたチーム「SAMURAIヒーローズ」にも、

ヒーロー側を演じなかった役者として唯一所属していた。

2002年大晦日、『INOKI BOM-BA-YE 2002』でアントニオ猪木と

膝相撲で対戦する企画に参加し、勝利する。

しかし、事務所に無断であったため、

出演後に事務所から説教を受けたとのこと。

レギュラー出演中のTBS系列の音楽番組

『月光音楽団』では、しばしば「ドS」である事を自白している。

ゲストにも「Sですか?Mですか?」と質問を投げかけたり、

自分からそのような話を持ちかけている。

「ヤングマガジン」誌に掲載されたグラビア写真をもとにした

ヘアがくっきりと透けているアイコラ写真がばらまかれた。

出来が、あまりにもよかったため、本物としてかなり広がり、

ファンや読者の間で一時話題となっていた。

『内村プロデュース』に出演した際は、

さまぁ~ずの三村マサカズに「すっぴんは5倍可愛い」と

評された事がある。

逆に『くりぃむナントカ・早メイク女王選手権』に出演した際は、

くりぃむしちゅーの上田晋也に

「(すっぴんは)完全にランク外」と評された。

事務所の先輩である釈由美子との共演機会は意外にもほとんどない。

釈がグラドルから連ドラで主役の張れる

女優へと成長したこともあって、

釈由美子主演ドラマのバーターで山本梓もレギュラー出演という

ケースがあってもおかしくないと思われるが、

実際には、釈由美子がレギュラー出演した

TBS系ドラマ「Stand Up!!」に山本梓がゲスト出演した程度である。

自分の事を「あず」と呼んでおり、

「あずはね~・・・」とO.A.で喋っている。

「あずは、頭いいんですよー」と自ら言うものの、

TVのクイズ番組やそれらに類する番組では、

「若手おバカキャラ」並みのボケッぷりを見せており、

番組制作もその視点でパネラーとして出演してもらっている様子。

しかしながら「オールスター感謝祭」に出演した際は

上位に入っていた(2007年春:26位)。

一般的に若いアイドルにはタブーとされている

恋人とのお惚気話を積極的にTVで語る。

オビラジRでヌーディストビーチでトップレスで泳いだことを告白。

雑誌の『BUBKA』にハリケンジャーで共演した俳優との

ディープキス写真や高校時代の彼氏との写真が掲載されていた。


東京都世田谷区出身。東京都立玉川高等学校卒業。

A-team(エーチーム)所属。

本名及び女優としての名前は星野 亜希 ほしの あき

生年月日、1977年3月14日

身長 / 体重: 165 cm / 47 kg
BMI: 17.3(低体重)
スリーサイズ: 88 - 56 - 87 cm
ブラのサイズ: F
靴のサイズ: 23 cm

O型

高校時代、ティーンズ雑誌『プチセブン』(小学館)の

専属モデルを務めていた。

その後は女優として『三姉妹探偵団』(日本テレビ)や

『愛の劇場』(TBS)といったテレビドラマや映画、CMなどで活躍。

現在はグラビアアイドルとして写真集、

DVD、テレビの深夜番組を中心に活躍中。

ドラマデビューと前後して、広末涼子の後任としてP&G

「クレアラシル」のCMに出演していたが、

CM終了後はかえって鳴かず飛ばず状態に陥ったそうだ

本人がMBSの『痛快!明石家電視台』にて公言していた。

なお、あっぱれ!!さんま大教授に出演した際に、

そのCMを流したのだが、主役と譲らないほしのは

明石家さんまからは「主役じゃなくて店員さんでしょ?」

と突っ込まれていて。(実際に女子高生を相手にする店員役であった)

自ら営業に回ったことなども明かしていた。

有料サイトも含め長らくグラビア系の仕事が活動の中心であったが、

2004年後半頃から急激に仕事を増やしテレビのバラエティ番組への

出演も多くなった。

2006年、『都立水商!』出演より、

テレビドラマ出演など女優としての活動の際には

本名の「星野亜希」名義を使うことになった。

バラエティ番組やグラビアなどではこれまで通り

ほしのあき」の名義を使用している。

2006年4月1日に放送されたTBS系

『オールスター感謝祭'06超豪華!クイズ決定版』では、

ドラマ『弁護士のくず』出演者としての出演だったため

星野亜希」名義だった。

今のようにテレビに頻繁に登場する前の2002年から2003年頃は、

プロレス団体WEW(故・冬木弘道の設立)の

月1興業のエンターテイメント部門の常連で、

リング上でマイクを持ちレスラーを相手にコスプレ衣装で

迫真の演技をしていた。

「2006FIFAワールドカップドイツ大会」の

パブリック・ビューイング記者発表会で日本代表を応援する

「F組応援団」の団長として出演した。

2006年5月7日に、横浜スタジアムの

プロ野球・横浜ベイスターズ対阪神タイガース9回戦では

星野亜希」名義で始球式を務めた

(スポーツ紙の報道では『ほしのあき』と

星野亜希』、『ほしのあき(女優名・星野亜希)』

と各紙によって表記がまちまちだった。

以前まで『1978年生まれ』と1歳サバを読んでいたが、

2006年から『1977年生まれ』と公式プロフィールなどに

掲載されている。

2007年4月2日からお昼の人気番組

『笑っていいとも!』のレギュラー出演している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。